コロボックルドッグ

ゴルビーが死んで5年目の夏です。僕が結婚する直前に、市内の犬家に立ち寄ったとき目と目が合ったのが始まり。平成2年の6月だったと思います。結婚を控えた犬嫌いの妻が勝手に大型犬を飼う事をきめたことで、たいそうご立腹だったことを覚えています。以来17年間山小屋のシンボルとして、営業期間には、何千人のお客さんに接し可愛がってもらったことか。何年かするとわざわざ彼に会いにコーヒーを飲みに来てくれるお客さんもいるほどでした。彼は茶色のシベリアンハスキー、目は左右の色が異なるバイアイです。性格はきわめて温厚。無愛想ですが人や自分より小さな犬には絶対吠えない紳士。若い頃にはたびたび脱走し、メスのハスキー犬の所へ・・・
a0146084_1494337.jpg
a0146084_14104345.jpg
彼女は奥さんではありませんよ。ゴルビーをとても可愛がってくれたスタッフの松浦さん。
a0146084_14142216.jpg
娘です。まだ小さい頃。小学生になったばかりかな。
a0146084_1425219.jpg
茶色のハスキーはとても紫外線に弱いらしい。特に鼻の頭は何年間もただれたまま治らなかったんです。毛の色ももう少し赤みがかった茶色なのですが、新しい毛にはえかわった直後以外は白っぽい茶色でした。よく初めて会うお客さんには
「お目目の悪い秋田犬なのね」と言われていました。
a0146084_1436759.jpg
ゴルビーが死んでからまる4年の今年になり、父が突然ゴルの墓標を建てると言い出しました。彼の墓はすでに父の「キスゲの歌」の歌碑の横、丸い形をした霧ヶ峰の石を目印に存在するのですが、なぜ急に、しかもどうして白塗りの十字架なのかがわからないままキスゲの時期を迎えたのです。するといつの間にか、墓標に寄り添うように実に立派なキスゲの花がシカ達に食われることもなく咲いたのです。今まで忘れかけていた彼の記憶がまた蘇り、こんな内容のブログを書こうと思いました。
a0146084_14585425.jpg
a0146084_1501223.jpg
a0146084_151663.jpg
僕はまだここにいるよ、忘れないでと言っているように思えて仕方ありません。もちろんお前のことは忘れはしないよ。今度犬を飼うならば、またハスキーを探そう。だけどどこにもおまえの代わりになる犬はいないのだから。
[PR]

by koro-1956 | 2011-07-20 15:08
line

長野県は霧ヶ峰高原に建つ山小屋「ころぼっくるひゅって(コロボックルヒュッテ)」のブログ。霧ヶ峰の自然や併設するカフェ、積雪期のスノーハイクの話題などをお送りします。


by koro-1956
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30