<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


雪崩

2月に入り、先週の連休の中日12日と15日にまとまった積雪がありました。いずれも太平洋側を、通過した低気圧の前線によるもので、12日には20センチ、15日には南西の強風を伴い30センチほど、トータルで50センチ以上の降雪がさほど根雪のないまま積もったことになります。また尾根などの風のとうり道にできる雪庇は重さを増し、風下にみるみるうちにせりだしました。追い討ちをかけるように17日の気温上昇、深夜から明け方にかけてたっぷり水分を含んだ雪が15センチ。役者は揃いました。そしてやはりそれは起こりました。車山西斜面、旧直登登山道を挟んだ2箇所の斜面がくずれたのです。
a0146084_1912455.jpg
向かって左側の崩落
a0146084_19153077.jpg
そして右側。夏道を乗り越え、デブリはその下10メートルでとまっています。双方とも破断面が恐らく40センチ~50センチ、幅50m~60m、滑った距離はそれほどではありませんが、どちらももしも、人がいたなら埋没する規模のものと推測できます。
a0146084_19283563.jpg
根雪がない場合、ご覧のように下草がむきだしになっています。全層雪崩に近い状態です。
a0146084_19353293.jpg
「霧ヶ峰で雪崩なんて」、「雪がすくないから・・・」と思う人がいるでしょう。雪崩に雪の多さはあまり関係ありません。そして霧ヶ峰は知る人ぞ知る、雪崩地形の山なのです。冬も夏道のとうり歩けば、何の問題もありません。危険地帯は自然と回避できます。でもそれ以外を歩いてみたい?滑ってみたい?僕がたまたまそんな人を見かけたら、恐らくメガホンで注意せざるをえないでしょう。でも24時間見張っているわけではないのです。冒険をしたいなら、どうか雪崩のお勉強少しだけしてください。そして単独で行動しないで下さい。ビーコン、スコップ、プロープ、は必ず持って行って下さい。もしも埋まってしまったとき、生きていても、死んでいても、なるべく早く掘り出すことができますから・・・。明日は土曜日、天気もいい。どうか皆さん気をつけて!
[PR]

by koro-1956 | 2011-02-18 20:04

冬のお遊び

ウィンターシーズンも後半に差し掛かるところ、長野県中南部は相変わらずの雪不足、生活そのものはとても楽な今年の冬です。2月に入りあの1月中の寒さがうそのような陽気に変わり、こころなしか春の訪れが待ちどうしい今日この頃です。若きころスキー場で仕事をしていると、春なんて来なければいいにに、ずぅっと冬が続いたらなぁ・・・っと思ったものです。楽しくて仕方がなかった。今となっては、雪のないどこか南国の島にでも行って、一日中海などを見て暮らしたいとさえ思うようになりました。ああ・・・歳とったんだなぁ。 
さてさて、日中の陽気もポカポカと暖かくなってきて、絶好の山歩き日和ですよ。夏のお花を見ながらのハイクもいいけれど、雪化粧したなだらかな雪原を、スノーシューひっかけて、お弁当持って歩きにきませんか!意外と知らない人が多い霧ヶ峰でのスノーシュー。起伏がなだらかで、樹木が少なく見晴らしの最高な霧ヶ峰はまさにスノーシューハイクに最適なのであります。しかしながら山スキーやテレマークでは、”歩くはともかく”滑るという部分で少々物足りないかも知れませんね。それは滑走するスロープが少ないこととその距離があまりにも短いと言うことです。どちらにしてもスノーシューは万人の楽しめる山歩きの方法です。スキーでオ
フピステに入るにはそれなりの腕前になる必要がありますし、やはりあの気の遠くなるような、ゲレンデでの練習をしなくてはなりません。(はい!はの字に開いて、ひざをもっと曲げて、下を見ちゃダメ!目線は進行方向だよ!・・・)っというあれです。なんといってもスキーの装備はお金がかかる。その点スノーシューはとても経済的と言っていいでしょう。
a0146084_17473612.jpg
これがスノーシューの本体です。いわゆる日本のかんじきです。様々な種類があります。どんな所をどのくらいあるくのか、どのくらいの重さの荷物を背負うのか、などにより、大きさや、強度、材質がかわります。もちろん値段も・・・商品知識のあるお店の人によく相談して買うのがいいですよ。ほかにブーツやストック、ウェアーや小物もいろいろ必要ですから。ひとつだけ!あまりお安いオモチャのようなものはやめましょう。すぐに壊れてしまいます。値段でいったら、できれば1万円以上なら間違いないかな・・・ブーツも人様々ですが、スノーシュー専用靴は多分ないと思うのですが、もしも存在していたらごめんなさい。要するになんでもいいのです。暖かくて、雪が入らなくて、あまり軟らかすぎず、歩きやすいもの。しっかりとした登山靴にスパッツをつければOKですし、写真のような少し長いウィンターブーツならば、ウェアーのパンツのすそをしっかりとかぶせてやれば大丈夫です。ゴム長靴は絶対やめましょう。
a0146084_18222668.jpg
霧ヶ峰はとてもやさしいやまです。冬山の体験も気軽にできますし、ビギナー向けといえるでしょう。かと言って決してなめてはいけません。ここでの遭難死亡事故も、過去に何件も発生しているのです。雪崩の発生場所も数箇所存在します。最低の冬山装備は揃えて、わからないことがあれば必ず詳しい人から情報を集めてから出かけてくださいね!もちろんコロにお電話いただけたら、何でもお話できますので、お気軽に。
[PR]

by koro-1956 | 2011-02-09 18:38
line

長野県は霧ヶ峰高原に建つ山小屋「ころぼっくるひゅって(コロボックルヒュッテ)」のブログ。霧ヶ峰の自然や併設するカフェ、積雪期のスノーハイクの話題などをお送りします。


by koro-1956
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28