<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


今日から、山小屋開けました。

せっかくの土曜日ですが、冷たい雨です。ゴールデンウィーク突入一週間前です。どこの観光地でも今年の連休は一体どうなってしまうのか、お客さんは来てくれるのだろうか、日本はもとどうり元気になるのかな?そう思っているに違いありません。晴れの日はともかく、こんな冷たい雨が降り出し、風が辺りの木立をザワザワ揺らしたりするととても気持ちが落ち込んできて、なんか余計なことをいろいろ考えたりしてね・・・人は天気によって気分の変化は相当ありですよね!南の常夏の島に住む人は年中陽気なわけだ!
今年の常勤の相棒を紹介せねばなりませんな。HPでの紹介ページもありますが、何分めんどくさいのでここでいたします。
a0146084_11583076.jpg
大浦真さん〈?歳)神奈川県出身、独身であります。(注:×いちではない).
僕と同じく長野県スキー連盟安全対策部委員であり、スキーパトロール歴は20年。主に野沢温泉スキー場に長く勤務しておりました。野沢温泉で怪我をしたことのある人、お世話になっているかもですね。ゴルフGTIが愛車。バイクもこよなくカワサキを愛し現在ZZR-1100を有す。現在YOMEさん探しているようですが、彼のライフスタイルをよーく理解してくれる人が良いんだとか・・・例えば、山が好き。テントで泊るのOK!スキーもできたらいいな、欲を言えばスキーパトロールの仕事を理解してくれるひと。そんな女性いるかね?バイクものって?でもそんな人が見つかればいいなと思いますよ。とても素敵だ。なんかとても楽しい人生になりそうですね。ともかくことしの夏山は頑張ってね!コロにお越しの際は皆さんもよろしくお願いします。顔は怖いがやさしい、いい男ですから。



                                         

 
[PR]

by koro-1956 | 2011-04-23 15:54

雪渓

暖かな日差しが気持ちよく、山小屋の開店準備の作業もそこそこに、ぶらっとでかけてみました。車山の東側の斜面、2月の中ごろ雪崩のあった場所です。車山正規の巻き道を左側に逸れ直登します。本当は入ってはならない通行止めの道なのです。
a0146084_13273951.jpg
風の通り道、降った雪が溜まる吹き溜まりの場所はまだまだたくさんの残雪が・・・
a0146084_1334669.jpg
道にも所々ザクザクの雪が残っている所があります。雪のない所も溶け出した雪の水分でぬかるんでいます。まだまだ快適に歩けるようになるには何日かかかりそうです。
a0146084_13402527.jpg
もうひとつの雪崩の場所は夏道を乗り越えて画面で見る道の右側、土砂も巻き込み止ってるのがわかりますか?
a0146084_1350896.jpg
近づくとデブリ〈雪崩が停止して、雪が溜まった場所〉がよく見ることができました。ここはまだ積雪が1メートル以上ありそうです。
a0146084_13564763.jpg
崩落の瞬間にもしも人がいたなら、恐らくひとたまりもなかったでしょう。  
2月中頃までは積雪が少なく、なんとなくのんびりとした冬だと思っていましたが、3月に入ってからが大変!寒かったしね。相対的には「残雪多し」でした。
a0146084_148261.jpg
今日は北アルプスの眺めも素晴らしい。空も雲も気持ちいい・・・斜面北側はまだたくさんの雪が部分的に残っています。しかしこのまま寒さが戻ることなく順調にいけば、連休にはほとんど消えてしまうことでしょう。でも残雪期の雪渓の時期もまたひとつの霧ヶ峰の素晴らしい景色のひとつ。毎年雪渓の形や大きさが違いますから、とてもおもしろいんです。
営業の準備に戻ります。すること、いっぱいです・・・。
[PR]

by koro-1956 | 2011-04-17 14:26

震災を経て

志賀高原に入るべく、信州中野のスーパーにて、お土産のお菓子を買い求めていたそのとき、その瞬間がやってきました。3月11日午後2時36分頃。耐震構造の大手スーパーでは、それほどの揺れを感じることはなかった。しかし天井に吊るされた照明器具の長く伸びたコードが左右に大きくゆれていました。よくある小さな地震なのだとばかり思っていました。約20分後、志賀高原高天原スキー場の駐車場に車を止め、スロープに目をやると、スキーヤーもスノーボーダーの姿もありません。リフトは全部止まっていました。まさにその時間帯に、大地震により発生した大津波が、東北の太平洋側の海に面した港や町、村を、そして多くの人の財産や命までも、あっというまに奪い去っていたのです。夜になり、次々に飛び込んでくるニュース映像は生なましく、容赦のない残虐な大自然の脅威に釘づけになりました。同じ日本でこんなことが起こるなんて・・・ふるえがとまらなかった。被災された全ての人々、肉親を、家族を、友人を失った人たちに、深く追悼の意を表します。なんとか乗り越えてほしい・・・、生きて欲しい・・・、そう願うしかできません。          
東北の大惨事をよそに、ここではいつもの様に雪がとけ、暖かな陽がそそぎ、春一番の花ザゼンソウが顔をだします。ひばりがさえずり、あたりが緑色に変わり始める頃、被災地にも今より少しだけでもたくさんの笑顔が増えていたならいいな、と思います。
    
[PR]

by koro-1956 | 2011-04-12 16:51
line

長野県は霧ヶ峰高原に建つ山小屋「ころぼっくるひゅって(コロボックルヒュッテ)」のブログ。霧ヶ峰の自然や併設するカフェ、積雪期のスノーハイクの話題などをお送りします。


by koro-1956
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30