<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ツツジもう良いですよ。

天気予報では大雨のはずの車山。一度だけザッと雨が降りましたが、まずまずの良い天気。特に夕方は素晴らしい景色でありました。今年の車山湿原のコバイケイ草は特に素晴らしい!ツツジもまずまず。満開まであと2日といったところです。6月25日夕方の写真、たくさん見てください。 
a0146084_20391433.jpg
歩道から一番近いコバイケイ草群落。カメラで狙いやすいとっておきの場所です。
a0146084_20403856.jpg

車山湿原。ズミの花もきれい。
a0146084_2043243.jpg
a0146084_20435166.jpg
a0146084_2044582.jpg
a0146084_2045202.jpg
a0146084_20455650.jpg

車山湿原の景色を楽しむなら、なんと言っても夕暮れがおすすめです。北アルプスに沈む夕日も同時に見ることができるのです。明日もまた晴れたらいいのにね・・・
[PR]

by koro-1956 | 2011-06-25 20:35

タチツボスミレについて

先日、山小屋の裏に咲くタチツボスミレの記事を投稿しました。それについて、「通りすがりのものですが…」さんから、(これはミヤマスミレかもしれませんよ!)という内容のコメントをいただきました。確かにミヤマスミレとタチツボスミレはよく似ていますね。しかし葉っぱの形、タチツボスミレは葉っぱがミヤマスミレより厚く、先が尖っています。ミヤマスミレは丸いのです。花の色もタチツボスミレより赤みがかった紫色をしています。タチツボスミレは青紫で赤みはおびていません。色については、山の花に関しては突然変異があるので、一概には言えませんが・・・。白い色のシロバナタチツボスミレというのもありますから。霧ヶ峰にはスミレの種類だけでも何十もあります。少し見ただけでは見分けをつけるのは難しいですよね。記事でのスミレは間違えなく、タチツボスミレのようです。ミヤマスミレの写真もお見せできたら良いのですが、残念ながらありません。「通りすがりの…」さん、コメントありがとうございました。
霧ヶ峰をスミレの種類だけ探して歩いてみるのも面白いかも知れないですね。
[PR]

by koro-1956 | 2011-06-23 17:13

6月22日現在

梅雨の合間の晴れ。少し南西の風が強いようです。標高1980メートル付近のレンゲツツジは少し赤く色づき始めました。見ごろはおそらく、来週から7月初旬まで。いつもより10日前後遅れていると思われます。コバイケイ草は今が見ごろ。山小屋付近、車山湿原の群落が見事。ズミの花もきれいです。
a0146084_9283460.jpg
a0146084_9293164.jpg
a0146084_9304098.jpg

[PR]

by koro-1956 | 2011-06-23 09:31

山小屋を離れて。H・Dと共に

先日の14日、15日と一泊二日で新潟県柏崎までツーリングに出かけてきました。相棒はおなじハーレーダビットソンに乗る、ヒュッテ霧ヶ峰の若旦那、有賀義晃氏。彼とはこれで長距離のツーリングは3回目であります。同じ宿泊業なので休みを合わせられるのがいい。山に住んでいると旅の目的地はおのずと海に向かいます。
a0146084_145982.jpg
a0146084_1465025.jpg
能登半島、伊豆、そして今回の柏崎。贅沢はできなくても、「新鮮な海の幸が食いたいね!」が決り文句です。宿泊するのは、大体港の近くの民宿が常。安くて料理がおいしい!
a0146084_1474926.jpg
これで一泊8400円なり。知らない街をバイクでゆっくり走るのがとても楽しい。天気の良い海岸沿いの平日の道はどこも同じような風景ですが独特のにおいがある。大好きであります。
a0146084_14472331.jpg
以前は年に一度は山に登っていました。決って秋の山・・・夏山には一度も行ったことがない。山小屋をやっているとなんだか山行きが義務のような気がしていたのです。もちろん山も好きだけれど、なによりいまの僕には、バイクでの「小さな旅」がなによりの良い活力剤になるのです。またこれで、忙しい夏を乗り越えることができるはず・・。秋になったらもう一度。今度はどこにいこうかな・・・
[PR]

by koro-1956 | 2011-06-18 14:45

ツツジまだ咲かず。

沖縄は早くも梅雨明けしたとか。だとすれば本州も早めの梅雨明けとなるのでしょうか?毎日雨というわけでもなく、すっきりとした晴れ間はないにしろ、緑は日に日に濃くなり草花達も背が高くなっていきます。しかしながら、ツツジの花は、部分的に少し蕾が赤くなって来た程度、コバイケイ草もあと3,4日というところ。
a0146084_1371792.jpg
この写真は比較的もうすぐといった感じのものですが、車山肩は全体的にまだ硬い蕾の状態。
a0146084_13103868.jpg
コバイケイ草も背丈は立派、花はいまいち。それでも葉っぱの緑は鮮やかです。先日、車山肩周辺にも、鹿防護柵が設けられました。少なくとも囲われた中にあるキスゲ達は花を咲かせることができるでしょう。草原の中のひときわ目立つ緑色はキスゲのはっぱ。鹿の数が減った訳ではないので、他の場所、柵で囲うことのできない所の花達は全滅するかもしれません。
a0146084_1316214.jpg
a0146084_13404825.jpg
勿忘草です。お客さんにいただいた鉢植えの種がこぼれて、テラスの隅に咲いたのです。年々少しずつ増えていきます。何ともいえない青紫の色合いが好きな花です。山の花ではないけれど、ここでもう少したくさん咲けばいいなと思います。
[PR]

by koro-1956 | 2011-06-16 13:53

台風が去り

a0146084_9314325.jpg
北風が吹き、少し寒く感じます。久しぶりの日差しが心地よい朝。山小屋の中から窓越しに外の景色をおさめました。蓼科が少し見え始めてきました。
a0146084_9264599.jpg
まだほとんどが雲の中の浅間山。急に話は変わりますが、タチツボスミレは知っていますか?霧ヶ峰にはたくさんある、スミレのひとつ。どちらかと言うと日向より、日陰を好み、小さな群生をつくります。小屋の裏側に昔々、僕の父が小屋お始めた頃使っていたタイル張りのかまどがあります。これでご飯を炊いたり、煮炊きをしたり、時には寒い日、暖をとったりもしたそうです。いつの間にか使うことがなくなりこの場所に放置されたままになって、長い年月が過ぎました。今ではコケのはえたこのかまどはタチツボスミレの棲家になりました。毎年ここに咲くスミレ達を見るのが楽しみになりました。
a0146084_1005184.jpg
a0146084_1015485.jpg
a0146084_1024127.jpg
この時期に小屋に来たら是非とも見てあげてください。
[PR]

by koro-1956 | 2011-06-01 10:05
line

長野県は霧ヶ峰高原に建つ山小屋「ころぼっくるひゅって(コロボックルヒュッテ)」のブログ。霧ヶ峰の自然や併設するカフェ、積雪期のスノーハイクの話題などをお送りします。


by koro-1956
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30