<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


雪かきという仕事

東北、北海道、新潟、そして長野県北部の記録的な豪雪のニュースが伝えられています。一時間に50センチも見る見るうちに積もる雪の脅威は、経験したことのないひとには到底想像のつかないこと。人々の日常生活を不能にし、時には生命の危険まで引き起こす大雪。雪国の人々は冬になれば春の雪解けの頃までの数か月毎日のように雪と戦わなければなりません。「ゆきかき」などというようななまやさしい仕事ではないはずです。全国の天気予報では長野は北、中、南部関係なく(大雪)と報じられますが、それは県庁所在地の長野県北部のこと。南部と中部は北部と比較にならないほど、雪の量は少ないのです。年明け、1月中ごろからこの付近の少しずつ積雪が増えなじめました。
a0146084_18561457.jpg
低温の中降る雪は北部の湿気を含んだ雪と違いさらさら。草原は強い風に雪が飛ばされ、その際にできる風紋が美しく、幻想的です。
a0146084_1904016.jpg
中央は御嶽山。手前の草原は、枯草がまだ雪に完全に埋まってはいない状態なのでまだ積雪は少な目です。この写真の撮影は1週間ほど前なので、もう少し増えているかも。
a0146084_1971052.jpg
a0146084_1975723.jpg
山小屋テラスの雪は50センチほど。そしてこの写真から4日後の本日除雪に着手しました。
a0146084_19121155.jpg
何分スキー場の仕事が終了後からの作業なので全部は無理でありました。
a0146084_1916195.jpg
テラスの下にスノーダンプと呼ばれる大きなシャベルで雪を落とし、タイヤローダで更に土手下まで押して落とします。その繰り返し・・・一人の作業なので事故が起こっては大変。慎重に作業をしなければなりません。屋根の雪下ろしをしていた人が転落して雪に埋もれたまましばらく見つからずに死んでしまったという事故が毎年何件もあります。 
気温ー9度、無風。キュンと冷たく引き締まるように冷たい空気の中、夕日でピンクに染まった雪原と、うすぼんやりと光りだした星をながめての雪かきは、結構楽しいイベントなのでした。
a0146084_19361061.jpg
a0146084_19363516.jpg

[PR]

by koro-1956 | 2012-01-29 19:37

間抜けなご挨拶

年が明けたにもかかわらず、すでに半月も経過してしまいましたね。いまさら新年の「あけおめ」もはなはだ間抜けな話なのですが、そうは言ってもご挨拶なしで今年のブログも始めるわけにもいかないので改めて・・・、2012年新年明けましておめでとうございます。どうか今年も私含めまして、ころぼっくるひゅってをどうかよろしくおねがいいたします。
a0146084_1892915.jpg
a0146084_18101740.jpg
今年もまた霧ヶ峰スキー場の霧鐘塔の脇より初日の出を写してみました。実は元日は天候が良くないことが予測されていたのでこれは30日朝の写真。元日にアップの予定でしたがこんなことになりました。それもわざわざ言わなくってもいいのにね。昨年の元日の本物の初日の出は確かアップしてましたよね。なんとなくそんな気がする。やはりその年の一番の素晴らしい本物の初日の出を用意しなくてはならないですな!来年は頑張ってみます。
僕の「冬のお仕事」も今年もいつものように始まっています。今年に関して、とても雪が少ないようです。気温は氷点下10度を下回る日が多くとても寒いのですが雪が降らない。ころの周りも普通に歩けてしまいます。昨年はドカ雪がきたのは2月の半ば、それでもその前に数回降っていたからまぁまぁの積雪があったように思います。霧ヶ峰のホントの冬はこれからなんですよね。そういえば雪崩があったのも2月中旬だったかな・・・ 一度冬の霧ヶ峰を一日かけて写真を撮りながら歩いて、ご紹介したいとブログを始めた時から思っておりますが、休みが天候悪かったり、体調がよくなかったりとなかなか実現しないのですが、それも含めて・・・頑張ります。
[PR]

by koro-1956 | 2012-01-15 18:11
line

長野県は霧ヶ峰高原に建つ山小屋「ころぼっくるひゅって(コロボックルヒュッテ)」のブログ。霧ヶ峰の自然や併設するカフェ、積雪期のスノーハイクの話題などをお送りします。


by koro-1956
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31