雪かきという仕事

東北、北海道、新潟、そして長野県北部の記録的な豪雪のニュースが伝えられています。一時間に50センチも見る見るうちに積もる雪の脅威は、経験したことのないひとには到底想像のつかないこと。人々の日常生活を不能にし、時には生命の危険まで引き起こす大雪。雪国の人々は冬になれば春の雪解けの頃までの数か月毎日のように雪と戦わなければなりません。「ゆきかき」などというようななまやさしい仕事ではないはずです。全国の天気予報では長野は北、中、南部関係なく(大雪)と報じられますが、それは県庁所在地の長野県北部のこと。南部と中部は北部と比較にならないほど、雪の量は少ないのです。年明け、1月中ごろからこの付近の少しずつ積雪が増えなじめました。
a0146084_18561457.jpg
低温の中降る雪は北部の湿気を含んだ雪と違いさらさら。草原は強い風に雪が飛ばされ、その際にできる風紋が美しく、幻想的です。
a0146084_1904016.jpg
中央は御嶽山。手前の草原は、枯草がまだ雪に完全に埋まってはいない状態なのでまだ積雪は少な目です。この写真の撮影は1週間ほど前なので、もう少し増えているかも。
a0146084_1971052.jpg
a0146084_1975723.jpg
山小屋テラスの雪は50センチほど。そしてこの写真から4日後の本日除雪に着手しました。
a0146084_19121155.jpg
何分スキー場の仕事が終了後からの作業なので全部は無理でありました。
a0146084_1916195.jpg
テラスの下にスノーダンプと呼ばれる大きなシャベルで雪を落とし、タイヤローダで更に土手下まで押して落とします。その繰り返し・・・一人の作業なので事故が起こっては大変。慎重に作業をしなければなりません。屋根の雪下ろしをしていた人が転落して雪に埋もれたまましばらく見つからずに死んでしまったという事故が毎年何件もあります。 
気温ー9度、無風。キュンと冷たく引き締まるように冷たい空気の中、夕日でピンクに染まった雪原と、うすぼんやりと光りだした星をながめての雪かきは、結構楽しいイベントなのでした。
a0146084_19361061.jpg
a0146084_19363516.jpg

[PR]

# by koro-1956 | 2012-01-29 19:37

間抜けなご挨拶

年が明けたにもかかわらず、すでに半月も経過してしまいましたね。いまさら新年の「あけおめ」もはなはだ間抜けな話なのですが、そうは言ってもご挨拶なしで今年のブログも始めるわけにもいかないので改めて・・・、2012年新年明けましておめでとうございます。どうか今年も私含めまして、ころぼっくるひゅってをどうかよろしくおねがいいたします。
a0146084_1892915.jpg
a0146084_18101740.jpg
今年もまた霧ヶ峰スキー場の霧鐘塔の脇より初日の出を写してみました。実は元日は天候が良くないことが予測されていたのでこれは30日朝の写真。元日にアップの予定でしたがこんなことになりました。それもわざわざ言わなくってもいいのにね。昨年の元日の本物の初日の出は確かアップしてましたよね。なんとなくそんな気がする。やはりその年の一番の素晴らしい本物の初日の出を用意しなくてはならないですな!来年は頑張ってみます。
僕の「冬のお仕事」も今年もいつものように始まっています。今年に関して、とても雪が少ないようです。気温は氷点下10度を下回る日が多くとても寒いのですが雪が降らない。ころの周りも普通に歩けてしまいます。昨年はドカ雪がきたのは2月の半ば、それでもその前に数回降っていたからまぁまぁの積雪があったように思います。霧ヶ峰のホントの冬はこれからなんですよね。そういえば雪崩があったのも2月中旬だったかな・・・ 一度冬の霧ヶ峰を一日かけて写真を撮りながら歩いて、ご紹介したいとブログを始めた時から思っておりますが、休みが天候悪かったり、体調がよくなかったりとなかなか実現しないのですが、それも含めて・・・頑張ります。
[PR]

# by koro-1956 | 2012-01-15 18:11

メリークリスマス

a0146084_948367.jpg
また今年もおおづめです。寒い寒いクリスマス寒波がやってきました。日本海側は大雪のようです。この辺りは雪は少ないけれど、朝晩の冷え込みは厳しいです。一昨日の夜と昨日の夜の外気温-15~17度までさがりました。昨日のイブの晩、ビールの瓶を冷やそうと外に10分ほどだしておいたら、またたくまにシャーベット状になりました。(素人じゃーないんだから・・・)
今年もあとわずかになりましたね。どうか皆さん、風邪などひかずに良いお年を。そしてメリークリスマス!
a0146084_9331280.jpg
この前の満月の日、窓際にキャンドルを立てお月様を撮りました。なかなか雰囲気よいでしょう!
a0146084_9333861.jpg

[PR]

# by koro-1956 | 2011-12-25 09:37

師走

今年もあと25日。意外と暖かな師走の始まりです。一日は夜に雪、辺りは2センチの積雪で真っ白に・・・ところが再び気温があがり、一日中土砂降りの冷たい雨で、雪の痕跡は跡形もなく消えてしまいました。僕の「冬のお仕事」ももう少し後半になりそうです。 
天気が良いのに車山肩には車がたった1台。
a0146084_11165017.jpg
通る車もほとんどないなか、この時期には珍しいバイクの爆音が・・・音から察してまさにハーレーダビットソン。思わずシャッターを切ってしまった。12月のこの時期にいつもならばバイクでの走行はまずN.Gのはずです。やっぱり暖かいんだ!
a0146084_11242227.jpg
道も乾いているし、まだ走れるなと思いました。少し寒いの我慢すればね。
a0146084_11282167.jpg
お盆も終わりの、なんとも間抜けなタイミングで完成した素晴らしいバイオトイレも、ひとつだけ残して冬じまいです。寒風と積雪に備え、ひとつひとつ白いシートで梱包されました。甘いな・・・ここの場所の風の強さをわかっていない!破れてどこかに飛んで行ってしまわなければいいのに。使用可能なのはコロ側から見て一番左のシートに覆われていないトイレです。冬に車山肩からスノーハイクに出掛ける人にはありがたいですね。ただし手洗い用の水は出ません。なにより便座が氷の如く冷たいので覚悟しましょう。
a0146084_1145382.jpg
山小屋のテラスにもまだ雪はありません。これもいつもならありえない事。シーズン最l初に積もった雪は、雪解けの時期が来るまで照らされることなく残ってしまうのに。
[PR]

# by koro-1956 | 2011-12-05 11:57

本番が来たかな?

寒くなりましたね。昨晩は積雪がありました。1センチくらいかな・・・西高東低の気圧配置、冬型です。北信は雪のようです。この付近は晴れていますが風は冷たく、肌を刺すような感じ。八ヶ岳も白い粉を振り掛けたような薄化粧。天狗岳から富士山までの南八ヶ岳の写真撮りました。観てください。
a0146084_144701.jpg
a0146084_14472275.jpg
a0146084_14474887.jpg
a0146084_1448072.jpg
a0146084_14482428.jpg
以上の5枚の写真をつなげるとパノラマ写真になるはずです。雪の量はとても少ないのでまだまだ積もったとは言えないけれど、こんな感じもまたいいでしょ!今日は八ヶ岳、南アルプスの山々はとても綺麗にはっきり見ることができます。中央から北にかけてはやはり曇って何も見えません。雲の下はぼやけて見えるので、どうやら雪が降っているようです。
[PR]

# by koro-1956 | 2011-11-21 14:59

寂しいこの季節

いつものこの時期にしては、少し暖かい気がします。朝晩は氷点下3~4度になりますが、日中は比較的暖か。今朝は空気中の水滴が氷り一面がまるで雪が降ったかのようにうっすら白くなりました。モミの木もクリスマスツリーのよう。訪れる人もめっきり減りました。一年でもっともホッとして、その反面いちばん寂しいと感じる季節です。愛車のハーレーは自宅のガレージへ、来年の4月までお休みです。またそれがさみしい・・・昨年はごらんのとうり。11月の下旬だったかな?積雪20センチ。幸いにすぐにまた気温が上がり溶けたのでそのスキをみておろしました。
a0146084_10271062.jpg
この時期バイクで走るのはさすがに辛いものがあります。肌を刺すような寒気、膝から下はガクガク震え、左手の指は感覚がなくなりクラッチがきれなくなる。何も知らずに来てしまったライダーたちの試練の道となるのです。峠の日陰はどうか気をつけて!一度凍ると春まで溶けないポイントがたくさんあるのです。
a0146084_11102463.jpg
夕暮れ、屋根の上の風見鶏と周りの木々のまるで影絵のようなシルエット。これ、気に入ってます。
a0146084_11244089.jpg
a0146084_11251215.jpg

[PR]

# by koro-1956 | 2011-11-15 11:25

好天続く

朝晩の気温が毎日のように氷点下になるこの頃。秋の典型的な雲ひとつない秋晴れが続きます。昼間のちょっと冷たい北よりの風、どこまでも見渡せると思えるような遠方の山々。オレンヂ色一色の夕暮れ、夜は吸い込まれてしまいそうな満天の星空。人はなぜ夏ばかりを目指して山に来るのでしょう?まだまだ山には花を見に来るものだと決めつつけてしまう人が多いのかもしれないですね。
a0146084_1059935.jpg
霧ヶ峰から見ることのできる山は無数にあります。でもそれは蓼科山や八ヶ岳を除けばみんな遥か遠くに見える山。富士山もそのひとつです。北アルプスの徳本峠から蝶ヶ岳、大天井、そして常念に至る縦走路から見る穂高や槍は手が届きそうなほど近くに迫り鳥肌がたつほどの迫力があります。でもそれは何時間も沢をつめ、あるいは途方もない急登の樹林帯を登りつめて初めて味わえるご褒美なのです。霧ヶ峰はもっぱらお散歩気分、時にはたくさんの山を欲張りに眺めながら想いをよせるのもまたひとつの楽しみ方かもしれません。
a0146084_1114666.jpg
a0146084_1131978.jpg
a0146084_1329268.jpg

[PR]

# by koro-1956 | 2011-10-27 13:55

寒くなったり、暑くなったり。

秋の空は雲がおもしろい
a0146084_1083757.jpg
9月の終わりから10月に入り、良い天気がつづきました。気温はぐっと下がり朝晩は氷点下に・・・初霜も観測されました。昨日は久しぶりの冷たい雨、そして今日になりお天気は回復し、気温も上昇傾向です。今度の三連休はまずまずの行楽日和が期待できそうですね。今年は急に寒くなったため山の紅葉は綺麗だそうです。霧ヶ峰の草原も黄金色。秋の深まりを感じます。
a0146084_10132188.jpg
いきなり雲の写真から始まりましたが、昨年の今頃の記事もなんか同じ様なことを書いていた気がします。夏の入道雲はあまり好きではないのです。大きくてどんどん形を変え、いろいろな物に見えてくるから面白いんですが、なんか不安定でしょ?いつの間にか真っ黒に広がっていきなり雨をふらせるしね。秋の雲はいい!僕の写真には今頃の雲の写真がとても多いのですよ。
a0146084_10265773.jpg
a0146084_1028455.jpg

[PR]

# by koro-1956 | 2011-10-06 10:29

台風15号が去り

各地に甚大な被害を残して台風15号は去って行きました。幸いこの付近には大きな被害はみられませんでしたが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。昨年は台風の発生が殆どなかったように記憶し 
ていますが、今年は頻繁です。台風が過ぎるたびに、季節はまた大きく進みます。いつの間にか背丈程になったススキ、緑色の草原は黄金色に変わりました。アキノキリン草の黄色も姿を消しました。残るのはリンドウの花だけ。ひっそりとさいています。寒さが増すと気候が安定し、山歩きにはとても気持ちのよい季節です。空は青く澄み、遠くの山々がとても近くに見える時。夕焼けや、夜の星空も見事です。
a0146084_14104938.jpg
a0146084_14122330.jpg
秋晴れの日に、付近の高台に少し登れば、「信州の山波」を見ることができます。「並」ではなく、「波」ですよ。近くの山ほど濃いブルー。遠くの山ほど薄いブルーに見えて、そのグラデーションがまるで船の上から見る「波」のよう。
a0146084_1422134.jpg
a0146084_1423261.jpg
a0146084_14241749.jpg
a0146084_14253641.jpg
この写真は昨年のもの。北アルプスはまだ、冠雪はしていません。あしからず
  


 
 
[PR]

# by koro-1956 | 2011-09-22 14:27

100名山達成!

新潟から来山された、吉藤さんご夫妻とお友達ご夫婦です。
a0146084_6553358.jpg
奥様の吉藤美代子さんは今回の霧ヶ峰車山山頂登頂を最後に、日本百名山制覇を達成されました。記念すべき最後の山に霧ヶ峰を選んでいただいたこと、そしてなによりころぼっくるひゅってで快挙達成のお祝いをしていただけたこと、とても光栄に思います。日本中の100もの名山を全て制覇するのは並大抵のことではありません。達成の影にはご本人の努力や忍耐ももちろんのこと、ご主人の理解やお友達の方々の励まし、応援もあったことでしょうね。本当におめでとうございました。百名山に入らなくとも、日本にはまだまだ素晴らしい山がたくさんあります。どうか今回の快挙はゴールとは思わず、これからもご夫婦共々お元気で山歩きを続けていただきたいとおもいます。
a0146084_6543530.jpg

[PR]

# by koro-1956 | 2011-09-10 06:58
line

長野県は霧ヶ峰高原に建つ山小屋「ころぼっくるひゅって(コロボックルヒュッテ)」のブログ。霧ヶ峰の自然や併設するカフェ、積雪期のスノーハイクの話題などをお送りします。


by koro-1956
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30